新学習指導要領対応 理科なび

教育用ページ  ケニス株式会社 トップページ

理科なびトップ > 中学1年 力と圧力

中学1年 力と圧力

この単元の指導案

    (ア)力の働き
(内容の取扱い)
ばねに加える力の大きさとばねの伸びの関係も扱うこと。 また、重さと質量の違いにも触れること。力の単位としては「ニュートン」を用いること。

(イ)圧力
水圧や大気圧の実験を行い、その結果を水や空気の重さと関連付けてとらえること。
(内容の取扱い)
水中にある物体にはあらゆる向きから圧力が働くことにも触れること。 また、水中では物体に浮力が働くことにも触れること。

実験例1:力とばねの伸び、質量と重さの違いを調べよう!

 ばねの伸びとおもりの重さの関係を調べよう
目盛り板はスタンドにクリップで固定できます。
ゼロ調節は上部のねじを回すだけで簡単に指標をゼロの位置に合わせることができます。
ばねにおもりを吊るすことでばねの伸びとおもりの関係を調べます。
 ばねの数やつなぎ方を変えてみよう!
おもりの数を変えると、ばねの伸びはどうなるかな?   ばねを2本直列につなぐと、どうなるかな?   ばねを並列につなぐと、どうなるかな?
力の大きさとばねの伸びとの関係を調べる実験器具
目盛り付ばね実験器
1-110-396 MB
目盛板をスタンドにクリップで固定できるばね実験器です。おもりを吊るす前に目盛り板のゼロの位置に指標を合わせることができるゼロ調節機能付です。
ばねスタンド
1-110-390 BD
おもりを加えた時のばねの伸びや、ばねの強弱による 伸びの違いを観察する目盛入りスタンドです。

▲PAGE TOP

実験例2:水の圧力と深さの関係を調べよう!

水圧の大きさをゴム膜のへこみで確認してみよう!
円筒を水平にして水槽に入れます。   円筒の方向を変えて水槽に入れます。
水の圧力と深さの関係を調べる実験器具
水中の圧力観察器
1-112-500 SA
水の深さによる圧力の大きさを円筒の両端に張った ゴム膜のへこみ具合で観察します。
水中の圧力実験用水槽
1-112-505 JK
水中の圧力観察器SAでの実験に適した大きさの角型水槽です。縦長ですので充分な深さが得られ、水圧の違いをはっきりと観察できます。

▲PAGE TOP

必要な実験器具

ばねセット
1-110-410 SN
実験用ばねセット
1-110-400 SKC
押引ニュートンばねばかり
1-105-350 A-2N
ニュートンばねばかり
1-105-269 2.5N


 
力学実験用錘
1-110-360 SD
水の側圧実験器
1-112-250 SC
 

▲PAGE TOP