おもしろ実験 環境・地学 豆知識 生物 化学 物理
化学

人工イクラを作ってみよう

イクラは鮭の卵です。卵巣自体を取り出したものが筋子、それをほぐしたものがイクラと呼ばれます。スーパーなどで「イクラ風味」や「イクラ味」などと書かれて売られているもののほとんどが工場で作られた人工イクラです。 ぷよぷよ感触が楽しい人工イクラを作ってみましょう!
(注)食用ではありませんので食べないでください。
●用意するもの
材料 ・アルギン酸ナトリウム
・塩化カルシウム
・食紅
※試薬はお近くの薬店でご購入ください
用具 ・ビーカー
・スポイト
・ペットボトル(500ml)
●実験方法
1. 500mlのペットボトルに水を半分入れ、アルギン酸ナトリウムを小さじ1〜2杯加えて溶かします。(3〜4%アルギン酸ナトリウム水溶液になります)
非常に溶けにくいので、よく振ってください。洗濯のリ程度の粘性があればOKです。
2. 上記[1.]の溶液に食紅を加えて色をつけます。
3. 10%塩化カルシウム水溶液を作ります。濃度が低いと固まりません。多少大雑把でもかまいません。
4. スポイトでアルギン酸ナトリウム水溶液を1滴ずつ、塩化カルシウム水溶液の中に落とします。ぷよぷよの球状に固まったらできあがり!

【イクラの構造】
  天然イクラも人工イクラも、目玉(サラダ油)、内容物(ゾル)、膜(ゲル)の三重構造になっています。今回は膜の部分をアルギン酸ナトリウムで固めて作る方法をご紹介しました。これに中身を入れると本格的な人工イクラになりますね。ちなみに天然イクラと人工イクラの見分け方ですが、天然イクラはお湯をかけると表面が白く濁るそうです。一度試してみてください。(もったいないですが・・・)

※この実験は 十河信二先生にご指導いただきました。

ケニス製品紹介
1-103-191 駒込ピペット (目盛付スポイト)
※商品の規格・価格などは予告なく変更する場合がありますのでご了承下さい
PAGE TOP
 
 Copyright © KENIS, Ltd. All rights reserved.